誰に対してのSEO対策かを明確にするだけで、成果が変わってくる

誰に対してのSEO対策かを明確にするだけで、成果が変わってくる

あなたの記事を検索結果上位に表示させたいと思ったら、何を書けばいいのか?

これはSEO対策を本気で考え始めた時に、初めにぶち当たる壁のような質問です。答えは何かというと「あなたが来てほしいと思う読者がメリットを感じる内容を書けばいい」です。ものすごくシンプルな答えですが、自分のビジネスなり商売なりを日頃から真剣に考えて取り組んでいる方は、こう伝えるだけで良質なコンテンツを量産し始めます。とはいえ、いきなり書き始められる人は、ほんの一握りです。

何を書けばいいのか、おぼろげに見えたかもしれませんが一つの疑問が残ります。それは、「なぜ読者のためになる記事が検索上位に上がるのか?」まずは、その背景について説明しますね。

 

検索エンジンに好かれるために必要な遠回り

SEO対策って、直訳すると「検索エンジン最適化対策」です。要するに、検索エンジンに「私のブログはここにいますよー!」ってアピールするようなイメージです。しかしこのイメージ通り検索エンジンに直接アピールするわけではありません。むしろ、その記事を読んでくれる訪問者が喜んでくれる内容を発信する方が検索エンジンからの評価がアップします。なぜ、読者を喜ばせると検索エンジンの評価が上がるのでしょうか?

検索エンジン(特にグーグル)は、検索した人が欲しいと思った情報を「はい、欲しかったのはコレでしょ?」と提供するのが使命です。検索エンジンで欲しい情報がすぐに探せるようになると、その検索エンジンを好んで使ってくれるユーザーが増えますよね。そうして集まったユーザーの方に広告を配信することで稼ぎを生み出しているのがグーグルです。

つまり、グーグルにとっては検索したときに検索した人に「コレが欲しかったんだ、ありがとうグーグル!」と思ってもらうことがすんごく大事。ビジネスとしても使命としても。で、グーグルは良質なコンテンツを正当に評価できるような仕組みを常に向上させていっています。クローラーの回りがどうだとか、検索エンジンアルゴリズムがどうだとかを考えるよりも、訪問者にとってためになる記事を発信することがSEOで上位表示されるための近道なんです。「急がば回れ」ということわざがありますが、まさにコンテンツSEO対策はその急がば回れを地で行く施策になります。

では、具体的にどのような文章を書けばいいのか?次の項で考えていきましょう。

 

あなたの記事を読んで誰が得をするのか?

まず考えるべきことは、誰に対して記事を書くかです。例えば、私が今書いているこの記事は「良質な記事を書けば検索結果の上位に表示されるって聞いたけど、何を書けばいいのかわからず途方に暮れているWEB担当者」向けに書いています。かなり具体的ですよね?想定読者を作って、その人の悩みを解決するためには、何を書けばいいのか?ということを考えながら書いています。

このブログで、私が想定している読者の方はみんな「ホームページに対してSEO対策したいけど、うまくいかないで困っている」という共通点があります。これは、私自身の「良質なコンテンツを発信することで、中小企業や個人事業主でもSEO対策を成功させて集客アップにつながるお手伝いをしたい」という使命とも一致しています。ビジネス的な視点からも、この記事を読んでくださっている方の中から「SEO対策についてアドバイスをもらいたい」という声が上がると想定しています。

私が積極的に手の内を見せることで、SEO対策に行き詰っている方の参考になる部分が一つでもあればという想いで記事を書いています。あなたが記事を書くときも、想定読者を明確にして「どんな悩みを持っている人に読んだ後どうなってほしいか?」まで決めてから文章を書いてみてください。そうするだけでも、これまでよりも成果につながりやすいコンテンツができあがります。これぞ、まさにコンテンツSEO対策です。

 

まとめ

この記事では、想定読者を明確にすることでSEO効果の高い記事が書けるようになるということを紹介しました。検索エンジンに評価されようと思ったら、内部対策がどうとか被リンクをもらわなきゃといった調整をする前にコンテンツを見直しましょう。その方が中長期的に強いサイトができあがっていきます。

さて、あなたは誰に対して記事を書きますか?

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です