SEO対策を意識するなら、屋号や社名にキーワードを入れておくべき

SEO対策を意識するなら、屋号や社名にキーワードを入れておくべき

オシャレな横文字の社名は必要ない

独立開業をスタートするときに、まずは屋号や社名を決めると思います。なんとなく通りの良い名前、エピソードトークのできるような名前など、こだわって作る方が多いです。でも、中小企業や個人事業主にとってオシャレな社名ってあまり役に立たないケースが多いです。

オシャレなことよりも、社名を聞いただけで何をやっている会社かわかる方がメリットが大きいです。特にホームページで検索結果上位に出やすいようにしたいのであれば、キーワードを屋号や社名に入れることをオススメします。ホームページの場合、屋号や社名は全てのページに自然と入ってきます。それだけに、SEOをする上でも非常に有効に働きます。

私の場合ですと、「コンテンツSEO対策」を「稲沢市」を拠点にして行っていますので、「稲沢市コンテンツSEO対策研究所」みたいな屋号がベストな訳です。この名前で運営すると、SEO対策のアドバイスを求められるだけでなく、ホームページの制作やパソコン操作に関する相談の話もいただけたりします。

 

 

「社名はもう決めて登記してしまった!今さら変えられない!」という方はどうすればいいのか?

屋号や社名にキーワードを入れるというのは、実行する人が少ない有効なSEO対策のベースになります。しかし、ホームページのSEO対策まで考えて屋号を決めるという方はごく稀です。私に相談してくださる方も何かしらの屋号や社名を既に付けた後ということばかりですから。

かくいう私も個人事業主としてやっている今、屋号は「ジャック」という名前でやっています。SEO対策と言う言葉の「エ」の字も入っていません。それでもSEO対策(特にコンテンツSEO対策)に強いということをアピールしていくためにやっていることがあります。

勘のいい方はお察しだと思いますが、このホームページのタイトルにキーワードを入れているんです。今、あなたが読んでくださっているこのホームページのタイトルは「コンテンツSEO対策ジャック」です。このようにホームページタイトルにキーワードを入れておくと、SEO対策をするうえで非常に有効です。

 

 

なぜ、ホームページのタイトルにキーワードを入れると有効なのか?

ホームページを作るときに、ベースになるタイトルは慣例的にすべてのページのtitleタグに入れるケースが多いです。少し技術的な話になりますが、HTMLタグを書くときに、

<title>SEO対策を意識するなら、屋号や社名にキーワードを入れておくべき | コンテンツSEO対策ジャック</title>

という風に、「記事タイトル + ホームページのタイトル」という形にしてあります。このようにHTMLが記述されていると、記事数が増えれば増える程キーワードのボリュームも増えていきます。その積み重ねでSEO対策の効果もジワジワと出てくるのです。

 

 

まとめ

この記事では、

・屋号や社名にはキーワードを入れるべき
・屋号や社名は聞いただけで何をやっている会社かわかるようにするべき
・ホームページやブログの本タイトルにキーワードを入れるべき

という3点についてお伝えしました。

少々テクニカルなSEOの話になってしまいました。しかし、こういった対策が有効に働くのは、あくまでも「訪問してくださる方に役立つ良質なコンテンツが含まれているホームページであること」が前提条件になります。いたずらにテクニックだけ駆使しても、一時的なSEO対策の成功はあるかもしれませんが長期的には沈んでいきます。

基本は、良質なコンテンツを継続して発信していくことが最も重要です。その延長として、スパイス的な意味でテクニカルな部分も押さえておく、くらいのバランス感覚が丁度よいのです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

シェアお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です